前へ
次へ

高密度超音波でたるみを内側から改善

エステサロンで導入が進んでいる美容機器の一つに、ハイフという高密度超音波を用いたフェイシャルエステのマシンがあります。
従来のマシンと大きく異なる点は、表面的なたるみケアしかできなかった従来のマシンに比べて、超音波を用いてフェイシャルエステを行うため、皮膚の深層部からたるみを引き締めてアンチエイジング効果をもたらすことができるのです。
しかも、超音波を使って熱で脂肪を溶かし、皮膚の内部から肌を引き締めることが可能となったので、根本的な引き締め効果を得ることができるようになったのです。
従来のフェイシャルエステで話し得なかった引き締め効果を得ることができると話題になり、今では希望者が殺到している状態です。
皮膚の深層部に超音波の熱を発することで、皮膚が収縮し、それに伴って皮膚自体が引き締められることでたるみを解消することができます。
二重あごや目の下のくま、そして皮膚のたるみに絶大な効果をもたらします。

Page Top