前へ
次へ

プチ整形ブームは韓国発の一大ブームに

日本でプチ整形が大流行したのは、時を同じくして韓流ブームが巻き起こった2006年頃のことでした。
当時、日本人にとっては整形というのは到底受け入れられないことだったのです。
日本人にとって顔にメスを入れて作り変える美容整形というのは考えられないことだったので、韓国では美容整形が当たり前という事実に驚かされた人も多かったです。
はじめは抵抗感の強かった美容整形でしたが、プチ整形という手軽でメスを使わない方法で整形をすることができることが日本でも周知されるようになり、女性の間で一大ブームとなったのです。
韓国発のプチ整形はまたたく間に日本人の女性の間で流行するようになり、コンプレックスを克服して鳴りたい自分になることができると大流行しました。
特に、一重の人は二重に対して強いあこがれを抱いていて、プチ整形をすることで簡単に理想的なパッチリ二重になることができることが知られ、若い人の間でも人気を集めたのです。

Page Top